好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

ホームページの保守,運用,コンサルの相場と実際の工数と料金表を公開

ホームページ制作 18/11/04
TOP > 記事一覧 > ホームページ制作 > ホームページの保守,運用,コンサルの相場と実際の工数と料金表を公開

人気記事全くの未経験から独学でwebデザイナーに転職する為の方法【完全版】

人気記事断言する!最高のseo内部対策ツール、オロパス社のパスカルがやばいぐらい使える

人気記事オンラインで受講可能なIT・プログラミングスクールのオススメ4選

人気記事webデザイン会社で働く僕が選ぶコスパ最強のレンタルサーバー3選

「ホームページを作ってもらったけど、その後の保守って必要?」「保守だけでなくサイトのコンサルティングもしてほしいけど、相場はいくらぐらいなんだろう?」「色々やりたいことが多いけど、頼むとどうしても高くなりそう。。。」

そんな悩みに回答します。

この記事では僕が仕事で使っている原価と料金表と相場を公開しているので、かなり参考になるかと思います。

僕は今フリーランスでホームページを作っていますが、前職では保守対応やSEOコンサルティングもしていました。それで実際の工数も把握していて、お客さんからはどんな要望があるかも理解しているので、そこも踏まえて回答ができるかなと。

保守・運用・コンサルティングの原価・工数・料金表

ホームページの運用保守・コンサルティング料金表
項目 プラン内容 原価(AVE) ミニマルプラン ベーシック コンサルティング
維持管理費 サーバー管理・ドメイン・SSL証明の管理費 700円前後
CMS・サーバーのバージョン更新管理 10m
データバックアップ 5m
セキュリティ関係チェック 5m
外部連携(Twitter、Facebook、Instagram)の仕様変更 5m
運営サポート費 運営・更新サポート、緊急トラブル対応 15m
メール設定・更新対応 15m
更新作業 月2回までのテキストと画像差し替え 30m
バナー更新・など 30m
改善・分析・運用コンサルティング アクセス分析改善提案 1h
SEO・WEBマーケティングコンサルティング 月2回mtg
コンサルティングに伴うサポート対応 3h
オプション アナリティクス・検索順位レポート作成 5000円 別途1万円プラス
サイト運用完全代行 5h 別途5万円〜
WEB広告運用代行(運用費の30%) 5h 別途3万円〜
料金 3,000円 20,000円 50,000円

こんな感じで現在僕はやっています。ここの表の数字は受注状況などに合わせて変動はありますが、現在はこれですね。

ホームページ制作会社の原価・工数って何?

これはもうざっくりですが、以下から成り立っています。

  • 人件費
  • その他経費(事務所代・PCなどの道具代・コピー機など)

ホームページ制作なんて、「モノがないのになんでそんなにお金かかるの?」って言われる方もおられますが、ほぼほぼ人件費だと思ってください。前制作会社は僕らは自分達の給料の時給×3倍を時給として計算していました。というのも単純に給与に加えて社会保険料やなんやかんやで一人あたりに発生する費用というのは馬鹿にならないので。

現在僕がホームページを作る場合やコンサルティング・保守運用などに関わる場合は基本的に4000円〜6000円の辺りを時間単価として換算しています。これは会社によってまちまちなので、下だと2000円/時ラインだったり、コンサルティングに強く実績もあるようなところだと、1〜5万円/時とかなってくることもあります。

なのでいくらになるかは「運用保守・コンサルティングにどこまで求めるか」で変わってきます。

月々にかかる費用の相場は目的によって異なる

上記の表でも表しているように、目的で分かれます。

  • 維持管理費:最低限ホームページを安心安全に維持するための必要経費
  • 運営サポート費:毎月ホームページの更新発生して、自社だけでは運用が出来ない場合
  • 改善・分析・運用:ホームページから集客を取りたいので、積極的に運用していきたい場合

だいたいこの3つに分類出来ます。

維持管理費の相場(3,000円〜10,000円)

当てはまる人

  • ホームページを作ってもらったけど、サーバーの管理とかドメインとか本当に苦手で、関わりたくもない人
  • サーバーやホームページのデータのバックアップはしっかりとってほしい。
  • セキュリティにも気をつけてほしい

ここはどこの会社でもさほどバラつきはないのかなと思いますが、ホームページを維持していくための費用です。

これだけでもし2〜3万円保守会社へ支払っているのであれば、ボッタクリの可能性もあるので、料金の内訳を確認したほうが良いです。必要ない項目があるのであれば、相談して値下げ交渉すべきです。

運営サポート費の相場(1〜3万円前後)

当てはまる人

  • 自社で月々更新しているが、バナーなども時々作って欲しい
  • 自社内で運用分析しているが困った時に何かすぐに聞ける状況がほしい
  • 社内でよく人が出たり入ったりするがメール管理が煩わしいしわからない

ホームページ担当者が専任か兼任でいて、その人の相談役というような感じでしょうか。多少の修正・差し替えであればここで対応できるけど、サイトのリフォームや改修となるとちょっと別途費用で、というようなラインです。週に1度はホームページの更新や触ったりしているのであれば、当てはまるかなと。

ただ自社内で完結できているのであれば特に必要はないかと思います。

改善・分析・運用コンサルティング費の相場(5万〜20万円)

当てはまる人

  • 経営を改善するためにホームページからの受注をなんとしても増やしたい
  • サイトを作ったのだから、受注できないと意味がないし、お金はかけてでも動かしていきたい
  • 社内にも専任の担当者がいて、やる気がある

ここからは保守というかコンサルティングの領域になってくるので、普通のホームページ制作会社ではほぼ対応は出来ないところが多いのではないでしょうか。

サイトの分析もどこでも出来るわけではないですし、またそれを実際に行動に落とし込んでいくというのもスキルは必要になります。なのでここは制作会社とは別のコンサルティング会社へ頼んだりすることもあるかと思います。

僕は今現在SEOコンサルティングとWEB広告運用で数件関わらせてただいています。前職ではどちらも担当していた経験もありますし、現在ではこのブログを運用して2年になり、月間5万PVあたりを出すノウハウもあります。

オプションについて

アナリティクス・検索順位レポート作成(原価5,000円)

これはgoogleアナリティクスでは見にくい、あんまり見てもわからない人向けの資料作成です。レポートを作成出来るツールを導入しているので、その管理と提出という感じです。費用をかけたくなければツールの紹介も全然します。

サイト運用完全代行(相場:10万円〜40万円前後)

これは本当に全部代行ですね。社内のスタッフだと思ってくれれば良いかと思います。どこまでやるかにもよります。「週40時間フルでお願い!」というようになると膨大な金額になりますし、「wordpressを触れる人間がいないから、原稿と画像を渡すから更新だけお願い」というようなものだと安く抑えることも出来ます。このあたりは要相談なのかなと。

WEB広告運用代行(相場:運用費の20〜30%)

googleアドワーズ・yahoo広告・youtube広告・facebook・instagram広告など、ウェブでの広告は幅広くありますが、それらのコンサルティングと運用代行ですね。10万円を運用するなら3万円ください、という形です。

これらはあまり手を出す方はおられませんが、正直SEOで上位を狙うのであれば、まずニッチなキーワードで広告を出したりしたほうがコスパ的には良いし、早いんだけどなと思っています。そこでそのキーワードでSEOもいくべきかどうかも検討出来ますし。チラシや他のものに広告費10万円とか出すならwebを正直オススメします。

最後に

ということで、いかがでしたでしょうか。参考になれば幸いです。

正直な話、維持管理費と運用サポート費はどこもたいして変わらないです。作ってくれた制作会社さんが適正価格でやってくれるなら全然それでOKだと思います。ただ、それ以上に成果を出していきたいなら発注先は選ぶべきです。

グリッチはフリーランス・個人でホームページの制作を行っています。ディレクターとして合計100を超えるお客様とやりとりをしてきた経験があり、かつデザイン、コーディングまで一気通貫で行えます。制作後のアフターとしてSEOのコンサルティングやマーケティングまで対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

それでは!

 

人気記事全くの未経験から独学でwebデザイナーに転職する為の方法【完全版】

人気記事断言する!最高のseo内部対策ツール、オロパス社のパスカルがやばいぐらい使える

人気記事オンラインで受講可能なIT・プログラミングスクールのオススメ4選

人気記事webデザイン会社で働く僕が選ぶコスパ最強のレンタルサーバー3選

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)