好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

ホームページをWordPress(ワードプレス)で作っても全部簡単に更新が出来るわけではない

ホームページ制作 18/10/28
TOP > 記事一覧 > ホームページ制作 > ホームページをWordPress(ワードプレス)で作っても全部簡単に更新が出来るわけではない

人気記事全くの未経験から独学でwebデザイナーに転職する為の方法【完全版】

人気記事断言する!最高のseo内部対策ツール、オロパス社のパスカルがやばいぐらい使える

人気記事オンラインで受講可能なIT・プログラミングスクールのオススメ4選

人気記事webデザイン会社で働く僕が選ぶコスパ最強のレンタルサーバー3選

「wordpressでホームページを新しく作りたいんだけど、自社で全部更新が簡単にできるんだよね?」

「ホームページ制作会社にwordpressで更新が簡単にできると聞いたけど、本当?」

今回はこんな疑問に答えます。

僕は3年間WEB制作会社で勤め、その後現在は独立してフリーランスで仕事をしています。前職でコーディング・デザイン・ディレクション・営業・SEO・マーケティングとサイト制作に関する全ての仕事に関わったことがあるので、それも踏まえて今回は回答をします。

結論から言うと、「全箇所簡単に更新」なんて出来るけど、あまり現実的ではありません

もしホームページ制作会社からそれを聞いたのなら、答えは3つあります。

  • 全てを更新できるようなプログラムが組み込まれているサービスパッケージがある
  • そんなサービスはないが、今回の案件用にプログラムを組む(費用は高くなる)
  • 実際は一部しか出来ない

もし既存でサービスパッケージがあるということであれば、それは問題ないかなと思っています。ただおそらくテンプレートのデザインなので、デザインにこだわりたいという方であればオススメはできません。おそらくそういうパッケージ商品は融通がほぼききませんので。

なぜwordpressなら更新が簡単というイメージがあるのか?

僕は前職でディレクションとしてお客さんと打ち合わせをしているとよくこの質問をされていました。

その都度、「できるけど、高くなりますよ。」であったり、「そもそも全箇所更新する必要あります?」という回答をしていました。

WordPressで更新が可能な部分は、基本的にブログの部分のみ

一般の人はあまり知らないかもしれませんが、wordpressといっても更新できるのはブログの部分のみが基本です。

それ以外は制作会社がデザインをして、コーディングをします。なので普通に作ると、ほとんどの箇所が更新できません。

もしHTMLなどを触れる方が社内にいるのであれば、wordpressの管理画面のテーマ編集というところを触って、直にサイトの文字を修正することができますが、これはあまりオススメできません。なぜなら、

  • サイト制作会社が持っているローカルのファイルデータと一致しなくなり、制作会社が別のタイミングで上書きした場合、クライアント側で更新したデータが消される
  • 見にくいエディタ画面なので、タグの閉じ忘れなどが発生してレイアウトが崩れる(結果、制作会社に修正を依頼して、結局費用が高くつく)

ということがあるからです。

ブログ部分ってどこ?

ブログというとどこかというと、こういう部分ですね。

お知らせとしても使えます

お知らせとしても使えます

こちらはブログ

こちらはブログ

こういう箇所であれば、問題なく更新していくことが出来ます。

wordpressでサイトの全文章・画像、諸々全て更新はできるけど、見積もりが高くなる

ただ「どうしても全テキスト箇所を更新したいんだ!」という方も実際中にはおられます。というかおられました。

そういう方には実際にお話を聞いて、そういうプログラムを実装したサイトを作成しましたが、そうするとどうしても費用が高くなってくるんですよね。

なんで高くなってくるかというと、具体的には下記のプログラムを組みます。

  • 管理画面でクライアントが更新できるような箇所を増設する
  • それを実際にサイトに反映されるようにHTML側を修正する
  • もし入力されていなかったりするとエラーやレイアウト崩れが起きないように条件分岐を書いたりとする
  • 文字の量や画像のサイズなどによってレイアウト崩れなどが起きないように調整をする
  • どこを更新したらどこに反映される、などの説明書を作成する

とまあこんな感じで書いていたら気が遠くなったんですが、僕であれば1ページ丸々プログラムを組む必要があるのであれば、プログラム代として費用を頂きます。それが数ページあるともう数万円以上の世界になっちゃうので、正直「そこまでお金かけてまで自分で更新したいですか?」という話なんですよね。

それよりはブログを使って言いたいことを日々書いていくのが良い

そんなことをするよりも僕はブログを書くことをオススメします。何かお客さんに伝えたいことがあるのであれば、ブログを更新すればいい話だし、それがどんどん増えて、ホームページにも反映させたいなってなるのであれば、「じゃあそのタイミングでホームページをちょっと修正しましょうか」ということで、費用もそんなに発生しません。(数千円〜1、2万円程度)

もしくは「お客様の声」であったり、「施工事例」というところをブログのように新しくプログラムを組んで更新していけば良いのかなと思っています。

どうしてもやりたいなら、まずどこを更新したいかなどを洗い出しておいた方がよい

ただそうは言っても、「ここだけは数字や文章を毎日、頻繁に更新したいんだよね。。。」というところもあるかと思います。

そういうことであれば、上記のプログラムを一箇所に組むだけで完了するので、費用もそこまで追加で発生することもありませんし、一番良いと思います。

要は「どこをどの頻度で更新したいのか」をまず一度洗い出す、考えてみてください。

  • 都度制作会社側で更新・修正:数千円〜 / 一箇所(都度)
  • 最初にプログラムを組む:数万円〜 / 一箇所(最初だけ)

ほとんど更新しないような場所をプログラム組んでも意味ないですし、逆に頻繁に更新するのであれば、プログラムを組むことをオススメします。

最後に

いかがでしたでしょうか、参考になれば幸いです。

僕がフリーランスとして活動しているグリッチでは基本全てのサイトをwordpressを使用して作成しています。また細かな更新システムの導入なども対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

それでは!

人気記事全くの未経験から独学でwebデザイナーに転職する為の方法【完全版】

人気記事断言する!最高のseo内部対策ツール、オロパス社のパスカルがやばいぐらい使える

人気記事オンラインで受講可能なIT・プログラミングスクールのオススメ4選

人気記事webデザイン会社で働く僕が選ぶコスパ最強のレンタルサーバー3選

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)