好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

Macbook 12インチの比較レビュー!Macbook Airとの違いやマストな周辺機器も紹介

ガジェット関連 18/04/03
TOP > 記事一覧 > ライフハック > ガジェット関連 > Macbook 12インチの比較レビュー!Macbook Airとの違いやマストな周辺機器も紹介

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

「macbookを買いたい、買い替えたいけど、結局どのモデルが良いの?」「13インチでも小さいのに、12インチって小さすぎない?」「スペックがよくわからない」
とお悩みの方にこの記事が役に立てば良いなと思います。

僕はmacを使いだしてまだ3年ほどですが、その間に使ったmac遍歴としては、

  • Macbook Air 13インチ・・・初めて買ったMac。
  • Macbook Air 11インチ・・・会社のmacが11インチで支給されたが、小さすぎて使いにくいと判断して家の13インチと交換して、家用として使う。ただ使いやすすぎて仕事でも使い出す
  • iMac・・・会社のメイン機種として使用。
  • Macbook 12インチ・・・イマココ。

という感じです。Macbook Proは使ったことはありませんが、Air系の薄いやつならだいたい使ったことがあるので、参考になればと思います。

結論から言うと、Macbook 12インチはノマドワークに最高の道具

まず届いてから数日の時点ですが、Macbook 12インチはノマドワーカー、アフィリエイター、ブロガー、などなど、どこでも作業が出来る人にとっては最強に使いやすいというのが実感でした。

といっても、他のものとの比較も必要かなと思い、軽くまとめてみました。

Macの各機種と相性

  • iMac・・・どうしてもデカイ画面じゃないと嫌!一箇所でしか作業しない人向け
  • Macbook Pro・・・特に決まった作業場所や使う場所はないけど、家の外に持ち運んだりはあまり無いという人、動画編集やゲームなどでハイスペックを求めるタイプの人
  • Macbook Air 13インチ・・・持ち運べるようなサイズと軽さが良いけど、やはり小さすぎる画面はちょっと不安。大きめのリュックでだいたい生活しているので、ちょっとした重さなら全然平気、という人向け
  • Macbook Air 11インチ・・・今は亡き11インチ。軽さこそが正義!の人向け。で、かつ予算は10万円以下(中古に限る)
  • Macbook 12インチ・・・普段からノマドワークで外で作業することが多い人向け。軽さが一番重視で、作業時間が多い人、外で作業をする時にはコンセントがあるところを無意識に探してしまう人向け

ざっくりまとめてしまいましたが、これが結論です。
自分がMacに何を求めるかに寄るということですね。

僕の場合の基準としては、

  • 軽さが正義:Airの13インチをずっと持ち運んでいたけど、地味に重いので嫌になる
  • 長時間使いたい:作業で一日外で仕事をすることも多いので、モバイルバッテリーを使いたい
  • スペックはそこそこで良い:以前CPUを4GBしか積んでいなかった時は動作が重すぎたので、8GB以上が欲しい
  • 画面サイズは何でも良い:11インチを使った経験があるのでなんとかなる

という感じです。
それを全て兼ね揃えていたのが、Macbook 12インチでした。

画面サイズは13だろうと、11インチだろうと12インチだろうが慣れれば使える

左がMacbook Airの11インチ。右がMacbook 12インチ。

11インチ、13インチと使ってみた結論ですが、もう正直こんなもん慣れです。
最終的には11インチでDreamWeaverを開いてコーディングやillustratorでwebのデザインもしてましたし、そのまま公開までやりきりました。

13インチだと全く問題はないし、11インチだとブラウザが小さいので、開発者ツールで多少見にくい等はありましたが、それも全て慣れでした。

どうしても心配なら、モニターを別で買うというのも手です。
僕も不安だったのでモニターを家に置いておいて、どうしても大きな画面で見たいという時にはそれにつないで見ていました。

それが12インチだとめちゃめちゃ快適です。

重さだけはどうにも慣れない

12インチと11インチを比較してみると以外と12インチの方が横幅は小さい

逆にネックは意外と重さの部分でした。
僕はほぼ持ち歩いて外でmacを使うことが多いので、100g、200gの差がなかなかずっしりきます。
なのでMacbook Proとかは考えられなかったですし、11インチにしてからは13インチの重さですら正直しんどかったです。

Macbook 12インチでは、12インチなのにMacbook Air11インチよりも軽くて小さいという素晴らしさ。

1kg以下なので、本当に手に持った時に軽さを感じます。

スペックを積んどけば大抵のことはなんとかなる

スペックについては僕はあまり詳しくないので、細かいことは言えませんが、4GBなどでなければなんとかなるんじゃないかなと思ってます。
4GBだとちょっとした作業でも遅くなったり止まったりなどはよくあったのですが、8GBだとそんなことはめったになくなりました。

動画の編集が一番重い作業だというイメージがあるのですが、そのレベルになると、Macbook Proなどが良いのかもしれません。

どこでも充電できるUSB-Cがノマドワークに最強

今回Macbook 12インチを買った理由の一番大きな部分がこれですね。
USB-Cタイプなので、モバイルバッテリーで充電できるんです!

これって本当に「凄い」ことですよ。
今までだとかなり大きめ(500g以上)のモバイルバッテリーはsafemagを使ったものでもありましたが、12インチになると、
safemagではなく、USB-Cで充電できるようになったんです。

そうするこで、スマホ用のモバイルバッテリーが少し大きくなったレベルのサイズのPC用バッテリーが使えるようになるんですね。

これがもう海外に行ったときには100%効力を発揮するなと思いまして、購入に至りました。

Macbook 12インチで必要なマストな周辺機器

macbookケース

11インチの時からずっと使っている封筒型のカバー。
なんでこれが良いかというと、ただひたすらに薄いということ。全然幅をとらないのが一番の利点です。別に横からの衝撃なんて普通に使っていたらありえないし、どうでも良いかなと。それよりもカバンやリュックに縦にして入れるので、この封筒型のレザーのマチで全然衝撃は吸収できるのでOK。

キーボードカバー

これはまあー普通ならいらないかもですが、僕の場合は海外で1年間こいつと向き合わなければならないんで、マストです。というよりこれは汚れのカバーという意味でも勿論そうなんですが、それよりもタイピングの音を小さくするという意味合いの方が個人的には大きいです。

正直音デカイっす。笑
macbook airの方がタイピング音は小さいです。

左がairで右がmacbookですが、キーボードが平らになって、より面積が増えたので、タイピングはしやすいのですが、音が広がる。。。

外でノマドワークバリバリするのなら、必須かも。

usbポート関係

これはマジでマスト。macbookの最大の欠点は、ポートがUSB-Cしかないってこと。しかも1つだけ。

これだともう使い物にならないので、絶対にUSBハブが必要になります。

んで、探してみると本当に色々と多岐に渡ります。

僕がこれを選んだ理由としては、

  • 全てのポートが揃っている
  • 評価もそこそこ高い
  • 価格は他とそこまで変わらない

というところですね。HDMIとUSB-Cと、SDカードを入れる部分がほしかったので、これになりました。

USBだけがあれば良いということであれば他にも3〜4000円程度であるので、探してみるのが良いかと思います。

モバイルバッテリー

mac用のモバイルバッテリーといえばANKER。ANKERの中でも色々種類があるんですが、MACBOOKに使えそうなのは上記のAnker PowerCore Speed 20000と、もう一つがAnker PowerCore+ 26800 PD というタイプ。

何が違うかというと、単純に20000mAhなのか26800mAhなのかという違い。
それに伴い重さもとサイズも変わってきます。20000は360gほどで、26800は580gほどになります。
360gだと、重めのスマホ用のモバイルバッテリーという感じですが、580gになると、結構重く感じると思います。

その分充電できる回数が増えたらそれも検討したかったんですが、調べてみた所、どっちもmacbookを1回と少ししか充電できないという感じだったんで、もう小さい方を選びました。

ちなみにどちらも専用の充電器も入っているので、macの純正の充電器は持ち運ぶ必要はなさそうです。

ちなみにmacbook Airとか昔のmacのsafemagでもモバイルバッテリーはあります。

色々調べましたが、こいつが一番良いので、Airでモバイルバッテリーを探しているのなら、オススメです。他のUSB−C以外のモバイルバッテリーよりは全然軽い(だいたいみんな1kgを超える)ですが、500g程度はするので、ちょっと重いかなと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

MacbookとMacbook Airのそれぞれの特徴をまとめてみました。

今使っている人も、今はwindowsだけどこれからmacにしてみようと思っている方にも、是非Macbookはオススメします。

賛否両論がある機種ですが、僕からすれば一番求めていたドンピシャのヤツでした。

 

それでは!

 

 

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)