好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

【移行すべき?】ホームページビルダーとワードプレスの違い・メリットデメリットとは?

ホームページ制作 18/10/29
TOP > 記事一覧 > ホームページ制作 > 【移行すべき?】ホームページビルダーとワードプレスの違い・メリットデメリットとは?

人気記事全くの未経験から独学でwebデザイナーに転職する為の方法【完全版】

人気記事断言する!最高のseo内部対策ツール、オロパス社のパスカルがやばいぐらい使える

人気記事オンラインで受講可能なIT・プログラミングスクールのオススメ4選

人気記事webデザイン会社で働く僕が選ぶコスパ最強のレンタルサーバー3選

「今ある自社のホームページはホームページビルダーで作ったHTMLのサイトなんだけど、wordpressに移し替えることってできるかな?」

「ホームページ・ビルダーよりワードプレスがいいって聞いたけど、どうなの?」

今回はそんな疑問にお答えします。

僕は3年間WEB制作会社で勤め、その後現在は独立してフリーランスで仕事をしています。

前職でコーディング・デザイン・ディレクション・営業・SEO・マーケティングとサイト制作に関する全ての仕事に関わったことがあるので、それも踏まえて今回は回答をします。

ホームページビルダーからwordpressに移行は出来るけど、自由度は確実に下がる

言わば「自分で増改築をしまくっていた家を、プロのリフォーム会社にリフォームされてしまった後、技術が高度過ぎてそれ以上自分では修復できなくなる」というイメージですかね。

言い方はよくはないですが、自分でリフォームしたいなら、下で述べているようにテーマを有料で買って自分で作るか、制作会社に更新が出来るように頼むのがベストです。

なのでここから以下は

  • ホームページビルダー = 素人さんが自作で作るもの
  • ワードプレス = プロの制作会社が作るもの

として分けています。

ホームページ・ビルダーとwordpressの比較

制作ソフト ホームページビルダー(自作) ワードプレス(プロ)
自分で管理のしやすさ
(ほぼ全部自分でいじれる)

(ブログと実績紹介程度)
SEO対策
(知識がないと難しい)

(ブログ更新とタイトル等の設定がキモ)
維持費用
(サーバー・ドメイン代程度でホームページ・ビルダー代の初期費用は必要)

(サーバー・ドメイン代に加えて制作会社での保守が必要なら保守代)
ブランディング・デザイン
(どうしてもチープに)

(ターゲットに合わせたデザイン・ブランディングが可能)
情報設計(わかりやすさ)
(ツギハギになると無茶苦茶に)

(作り直すのであれば、整理はされる)
問い合わせが来るかどうか
(そもそも問い合わせフォームがない?)

(総合力で勝負)
コンテンツ量・質
(代表自身で作ることが多いため、コンテンツは最強)

(制作会社のレベル次第)

ではそれぞれ見ていきます。

自分で管理のしやすさ(自由度の高さ)

  • ホームページ・ビルダー:◎(ほぼ全部自分でいじれる)
  • ワードプレス(wordpress):△(ブログと実績紹介程度)

こちらの記事でも詳しく説明していますが、wordpressはそこまで自由度が高くありません。強いて言えばブログと施工事例とか、お客様の声などの部分がお客様側で更新が出来る程度です。もちろんやり方・典プレード次第では自由度は上がりますが。

逆にホームページ・ビルダーではほぼ全て自分で管理して更新、レイアウトも変更できると思います。wordpressにした後にそれをするにはプロには任せず、下で述べるように自分でテーマを購入して自作するしか方法はないです。

SEO対策(検索順位が上がりやすいか)

  • ホームページ・ビルダー:△(知識がないと難しい)
  • ワードプレス(wordpress):◯(ブログ更新とタイトル等の設定がキモ)

ホームページビルダーにブログ機能があれば、そこまでSEO対策上悪いわけではありませんが、そこまでSEOが得意という印象はありませんでした。

wordpressにすればSEOが強い、というわけではないんですが、SEOをどこまででも強くすることが可能ということですね。タイトルの設定しかり、画像圧縮設定だったりとか、ページスピードであったりと、検索で上位にヒットさせるように対応はやりやすいCMSであるのは間違いはないです。

維持費用

  • ホームページ・ビルダー:◎(サーバー・ドメイン代程度でホームページ・ビルダー代の初期費用は必要)
  • ワードプレス(wordpress):△(サーバー・ドメイン代に加えて制作会社での保守が必要なら保守代)

どちらもやりようですが、wordpressを制作会社で作ってもらった場合は、データ管理・バックアップであったり、プラグインなどの更新のための補修代は払っておいて損はないかなと思います。というのもセキュリティ対策としてwordpressの本体自体を頻繁に更新することが推奨されているので、そこでエラーなどが発生してしまうと、自分ではどうしようもならない、ということになりかねないので、あまり作った後放置は望ましくないかと思います。

ブランディング・デザイン

  • ホームページ・ビルダー:△(どうしてもチープに)
  • ワードプレス(wordpress):◎(ターゲットに合わせたデザイン・ブランディングが可能)

ホームページ・ビルダーは自分で作れるのが魅力ですが、どうしても安っぽくなってしまうことが多いです。反面ワードプレスであれば、プロの製作者が作る場合はターゲット合わせたデザインが可能です。テーマを購入する場合は自社に合うようなデザインを選べば問題はないかと思います。

情報設計(わかりやすさ)

  • ホームページ・ビルダー:☓(ツギハギになると無茶苦茶に)
  • ワードプレス(wordpress):◎(作り直すのであれば、整理はされる)

まあ、正直見にくいサイトが多いです。といっても親しみやすさもその分出てくるので、それで良いんだ!という方ももちろんいらっしゃいます。業種によりけりですね。単価が低いのであれば親しみやすさがあったほうが良いでしょうし。

問い合わせが来るかどうか

  • ホームページ・ビルダー:△(そもそも問い合わせフォームがない?)
  • ワードプレス(wordpress):◎(総合力で勝負)

これはもう制作者次第ですというしかありませんが、SEOは強く、ページ構成も自由、ブログも書けるし更新可能となると、問い合わせはきやすいサイトは作れるのは間違いはないです。

コンテンツ量・質

  • ホームページ・ビルダー:◎(代表自身で作ることが多いため、コンテンツは最強)
  • ワードプレス(wordpress):◯(制作会社のレベル次第)

このコンテンツに関しては完全にホームページ・ビルダーで作るといいコンテツが出来ると思っています。この運営者自身が自分で作れるというのが一番のビルダーの強みで、そうなると、デザイン、配置、構成、レイアウトはむちゃくちゃでも経営者の言いたいことがちゃんと書かれていることが多いんですね。その言葉はわかりにくかったり、伝わりにくいことも多いのですが、でもそこにしっかりと思いがあるサイトが多いです。

だからそういうホームページ・ビルダーで作られたサイトをwordpressに移管してリニューアルというのはとても骨が折れる反面、ワクワクする仕事でもあります。

「いかにして経営者サイドの思いを汲み取りながらよりよいものを作れるか」という楽しさがあるので、やりがいはありますね。

だからビルダーからワードプレスに移行したいなら、どこまで制作会社に期待しているかを伝えたほうが良いでしょう。

ホームページ・ビルダーからワードプレスに移行する際の選択肢とざっくりの料金

  • 見た目はそのままで全てwordpressにすげ替えてほしい → 5〜10万円前後
  • ブログだけ取り付けてほしい → 5万円前後
  • デザインだけ変えてwordpressで作成し直してほしい → 20〜50万円前後
  • 情報設計ごと見直して、デザインも変えてwordpressで作って欲しい 30〜100万円前後

というところでしょうか。まずは目的をはっきりさせて、依頼するのか、自分でやるのかを考えてみたほうが良いでしょう。

自分でwordpressで作るには?

自分で作るにはとりあえず有料のテーマを買いましょう。自作でテーマ作成なんて無理ですし、無料のテーマではほとんど使い物にならないものばかりです。

色々調べた結果、TCDというところが作成しているテーマが一番クオリティが高いです。

この3つが使いやすそうなものになります。

最後に

いかがでしたでしょうか、参考になれば幸いです。

グリッチでは基本全てのサイトをwordpressを使用して作成しています。ディレクターとして情報設計に数年関わっていた経験もあり、三桁の単位のお客様とやりとりをしてきました。どんなご要望でも対応は可能ですので、お気軽にご相談ください。

それでは!

 


人気記事全くの未経験から独学でwebデザイナーに転職する為の方法【完全版】

人気記事断言する!最高のseo内部対策ツール、オロパス社のパスカルがやばいぐらい使える

人気記事オンラインで受講可能なIT・プログラミングスクールのオススメ4選

人気記事webデザイン会社で働く僕が選ぶコスパ最強のレンタルサーバー3選

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)