好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

採寸用ボディスーツ・ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)のある未来について

ファッション 17/11/23
TOP > 記事一覧 > ファッション > 採寸用ボディスーツ・ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)のある未来について

人気記事メンズにオススメな格安リュック・バックパック10選【通勤/通学/1万円以下】

最近はファッション関係で色んなサービスがでてきています。その中でも僕が使っているもの、いいなと思ってるのはこちらです!随時更新していきます。

すっげえプロダクトが作られたのを目の当たりにしたので、勢いで記事を書きました。

アパレル事業に関わりたいとずっと思ってたけど、ここまでゾゾタウンに全方位網羅されると手をだす気になれそうにありません。

とりあえずまとめてみます。

ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)とは?

ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」 を運営する株式会社スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:前澤 友作)は、ZOZOTOWNや間もなくスタート予定のプライベートブランド 「ZOZO」 で活用する採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の無料配布(※)の予約受付を、本日11月22日(水)より開始いたします。「ZOZOSUIT」 は、ご予約いただいた皆様に2017年11月末頃より順次配布してまいります。

※ZOZOTOWNの送料に準じ、送料200円(税込)をご負担いただきます。

「ZOZOSUIT」 は、当社がニュージーランドのソフトセンサー開発企業 「StretchSense Limited.」 と共同開発した、伸縮センサー内蔵の採寸用ボディースーツです。トップスとボトムスの上下を着用し、スマートフォンとBluetooth通信で接続することで、人体のあらゆる箇所の寸法が瞬時に計測でき、そのデータをZOZOTOWNアプリに保存する事ができます。

※ 「ZOZOSUIT」 のご利用にはZOZOTOWNアプリのダウンロードが必要です。

ZOZOTOWNでは、計測した体型データを活用し、ファッションECの課題である 「サイズの不安」 を解消すべく、商品検索機能やレコメンド機能の更なる充実を図ります。これにより、既存のお客様のみならず、新規のお客様にとっても利便性の高いサービスの提供が可能になります。

また、「ZOZOSUIT」 は、本日別途プレスリリースを配信した、プライベートブランド 「ZOZO」 から展開される商品で「究極のフィット感」を実現するために活用いたします。

更に、「ZOZOSUIT」 は海外でも、zozosuit.com にて本日より無料配布(※)の予約受付を開始いたします。

※無料配布の対象は一部の国に限ります。

<「ZOZOSUIT」 概要>

名称

ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)

予約受付開始日

2017年11月22日(水)

価格

無料 ※別途、送料200円(税込)がかかります(ZOZOTOWNの送料に準ずる)

ZOZOSUIT ページURL

http://zozo.jp/zozosuit/

動画を見てもらうのが一番早いんですが、一言で言うと「採寸用ボディースーツ」です。

 

ゾゾスーツを着て、スマホアプリを起動するだけで、自分の身体の採寸がわかるというスグレモノ。

こんな感じでアプリで見れるんでしょうね。

2017年11月22日にリリースされて、現在は予約が出来る状態でしたので、早速予約してみました。

購入画面でわかるんですが、本来は3,000円するようです。

ただ現在は無料で配布しているとのことで、送料の200円だけかかるという状態です。

11月末からどんどん配布していくようですので、楽しみです!

何が凄いのか

で、思ったのはアパレルの構造が丸ごと変わるな、ということ。

今までは服のサイズって、まずS・M・Lを確かめて、最終的に着てみて・試着してみて初めて最適なサイズがわかるものだったと思うんですね。

だからこそアパレルのECというのは他のものよりも難しかった。

試着が出来ないから。

だからユニクロや各アパレルECはサイズ変更の返送可能にしていたりと、色んな対策をとっていたと思います。

ただゾゾスーツが出来たことにより、服を店頭で買うよりも、ネットで買う方が楽になる時代が来るだろうなと感じました。

 

それは、

・自分の身体のサイズを完璧にわかるので、ネットで売られている商品でもサイズ違いの心配が減る

ということと、

・採寸したサイズを元にメーカーがオーダーメイドで服を作って、自宅まで届けてくれる

が実現されるからです。

自分の身体のサイズを完璧にわかるので、ネットで売られている商品でもサイズ違いの心配が減る

これだけでも相当の人を店舗じゃなくてネットで買うように仕向けれると思うんですよね。

僕はほとんどのものをネットで買うことが多いですが、服だけはどうしてもまだやはり買うのに躊躇してしまいます。

一度試着したりした服なら別に問題ないんですが、メルカリなどで気になるデザインだから欲しい服なんかは特に怖いです。

セーターとかなんかは特にシルエットが大事になります。

採寸は書いてくれるんですが、正直自分のサイズなんか知らないから今までは参考になりませんでした。

ただそれがゾゾスーツで自分のサイズを瞬時に見ることができれば、服をネットで買うのにも不安はだいぶ減ると思うんですよね。

採寸したサイズを元にメーカーがオーダーメイドで服を作って、自宅まで届けてくれる

もう1つの未来はこちら。

PBブランド・ZOZOも、オープンに向けて準備が着々と進んでいるようです。

PBブランド・ZOZOとの連携

11月末から発売するスタートトゥデイのPBは「ZOZO(ゾゾ)」と名付けた。今回のゾゾスーツを活用し、購入者ひとりひとりのサイズに合わせた商品を展開するとみられる。具体的なラインナップはまだ明らかにされていないが、「誰もが1枚や2枚は持っているであろう、超ベーシックアイテム」(前澤社長)という。

引用:東洋経済

ユニクロのオーダーメイド版のようなものを作るんだろうなというような印象を受けました。

「今までのアパレル企業が使ったこともない機械を使う」と何かの記事で前沢社長は書かれていましたが、オーダーメイド品を普通の値段で売りにかかってくるんだろうと思います。

既製品を大量生産という時代が変わる

今までのアパレルって流行る前に大量に作って、流行ったモノだけ売れて、売れなかったものはセールで叩いて、それでも売れなかったものはその下の業者に買い取らせるという構造があって、1つの商品に全ての経費がのしかかった費用でした。

1着4,000円のセーターも、原価で見れば1〜2割の400〜800円というような。

それを在庫リスクがなく、売れるものだけを作るということが実現出来たら、かなりのコストダウンができるだろうなと。

規模の経済で1着を安く作れていたという今までの強みはなくなるけど、それを見ても既製品の商品とオーダーメイドの商品で値段はトントンになるんじゃないだろうか。

最後に

服を買う時の障壁となるサイジングという課題がゾゾスーツでなくなるんだと思います。

次になくなる課題は何でしょうか。

妻とゾゾスーツについて話していた時に印象に残っているのは、「サイズが解決出来ても、質感や触り心地はわからない」という言葉でした。

それが実現できればリアルとほぼ同質の体験が可能になるんだろうなと思います。

 

 

それでは!

 

今回のニュースを見る前にこちらの本を読んでいたので、余計にゾゾスーツの衝撃がありました。

ファッション・アパレルに興味のある方は是非読んでみて下さい。

業界の方でなくても、かなり勉強になります。

 

人気記事メンズにオススメな格安リュック・バックパック10選【通勤/通学/1万円以下】

最近はファッション関係で色んなサービスがでてきています。その中でも僕が使っているもの、いいなと思ってるのはこちらです!随時更新していきます。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)