好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

クレジットカードを使いながらでも家計を管理して貯金ができる方法

お金管理 17/02/11
TOP > 記事一覧 > ライフハック > お金管理 > クレジットカードを使いながらでも家計を管理して貯金ができる方法

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

ずっと貯金をしなきゃなと思い続けて早1年。

今月こそは貯める貯めると思っていましたが、もうどうにもならないので、ちょっと仕組みを考えて今月からmoney forwardの予算管理とクレジットカードに制限をかけて運用しています。

それがなかなかうまくいきそうなので、ブログでも紹介します。

1.money forwardの予算管理

まず第一はこれです。予算管理。

今まで「3万円ぐらい月に貯めたいな〜」と漠然と思っているだけでした。

それで月の使用額はなんとなく「多い!」とか思っているぐらいで、「じゃあ何をどうやって制限したら安くできるのか」というのをあまり考えていませんでした。

相当早く気づくべきでしたが、これが問題でしたね。。。

money forwardは使い出して1年ほど経っていたので、過去の使用量から月の目標予算を決めることはそんなに難しくありませんでした。

予算を立てるメニューで予算を設定

スクリーンショット_2017-02-11_14_17_17

「予算をたてる」というメニューがあり、そこをクリックするとこういった画面が出てきます。

ここで「先月の実績」と「あなたと似たユーザー」という情報を参考に「毎月の予算」を決めていきます。

これを決めると、最終的に「毎月の手取り収入」を入力して、月々の貯金額(目標)が算出されます。

ここまでやってもらえると、もうやるしかないなという気になるので、やる気が出てきます。

僕はかなりストイックに予算を絞って、月に8万ぐらい貯金してやろうという目標を立てました。

月々の予算の推移状況が一目で分かるように

スクリーンショット_2017-02-11_14_17_00

そうすると今月の現状に照らし合わせて月々の予算の推移状況が一目で分かるようになります。

これだと「食費は圧迫しているけど、交際費が余っているからそこに振ってバランスを保とう」などということが意識できます。

全てが圧迫していたら「もう今月は何も買わない」というルールも課すことができますし、この機能は非常にオススメです。

というか本当に何で今までやらなかったんだろうというぐらい良い機能でした。

2.月の頭に使えるお金だけを財布に入れて、当月は絶対にATMから引き出さない

やっている人は当たり前かもしれませんが、「使えるお金だけを財布に入れて、それ以上は引き出さない」ということです。

具体的には毎月払う固定費は除いて変動費の予算と同額を財布に月の頭に入れます。

3万円だけ使えるのなら3万円を財布に入れます。

それでその月はその財布の中だけで生活をしていきます。

簡単に言うと、小遣い制のサラリーマンになる感覚ですね。

もうそうでもしないと自分を律すれないので、自らを小遣い制にします。

相当イレギュラーな支出出ない限り、引き出せないというのをルールとして運用します。

3.クレジットカードを使う時のマイルール

貯金するに当たって、今まで障害だったのが「今いくら使っているのかがわからない」ということでした。

これは現金で全てを管理すれば財布を見れば解決するのですが、ネットショッピングもするしなかなかそうはいかないと思います。

なのでつい無意識にamazonとかでの買い物が毎月増えてしまっていたので、クレジットカードを使う時のルールを設けることにしました。

ルール:クレジットカードでモノを買ったら、同額を財布から貯金箱にお金を入れる

これだけです。

例えばamazonでmacbookのケースを2,000円で買いました。

そうすると決済をした時に、自分の財布から2,000円程度を抜いて、貯金箱にそのお金を入れます。

そうすると月の残予算と同額の財布の現金から、使ったお金が消えて、クレジットカードでものを買ったのに財布から現金で買ったのとほぼ同じ状況に持っていくことができます。

これで財布の残高=残予算という状況が維持できるので、当月モノを買う時のストップにつながるということです。

やはりネット上で予算を決めていても、そう何度も見るものではないので、やはり僕は財布の中の札束を見て、使って良いお金を把握することが一番だなと思いました。

4.月一のレシート入力ではなく週1ペースで見直す

そうやって予算を決めてクレジットカードのルールを決めても見直すのが月に1度だと意味がありません。

今までは思い出した時(ほぼ月1)に入力して使ったお金を把握していましたが、これからは毎週土曜日の朝にチェックをすることにしました。

なぜ土曜の朝かというと、

  • だいたい大きいお金を動かすのは土日だから
  • その土日のスタートの土曜日の朝に予算把握をすると、欲望に抑制がかかるから

という理由です。

週に1度チェックするという意識を毎日することができる

これはいざやってみると、なかなか良くてですね。

ペースが短いと「今週の土曜日にチェックだな」ということを割と日々意識するので、ゲーム間隔で節約を意識することができます。

コンビニに入っても、「今週の土曜のために我慢しよう」となりやすく、あまりものを外で買いませんでした。

なのである程度見直すペースというのは短い方が良いです。

最後に

まとめます。

  • 1.具体的に科目を絞って予算管理
  • 2.使える変動費と財布の中身を同額に保つ
  • 3.月初以外はATMからお金を引き出さない
  • 4.クレジットを使ったら同額を財布から貯蓄へ回す
  • 5.見直し、レシートの入力は週一で

これらを意識すれば間違いなく貯めれるはずです!

まずはこれらを実践しながら更に改良しながら自分なりの方法を編み出していきたいと思います。

 

 

 

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)