好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

一ヶ月節約生活をやってみて、服と食費を抑えれば3万円は浮くことがわかった

お金管理 17/02/26
TOP > 記事一覧 > ライフハック > お金管理 > 一ヶ月節約生活をやってみて、服と食費を抑えれば3万円は浮くことがわかった

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

さて、10月に世界一周を目論んでいます、@janoです。

そのためにお金を貯めなければならず、2月からかなりの節約生活をやっていまして、ようやく1ヶ月が終わりそうです。

そしてそのやってみての感想と、今までと変わったこと、辞めたこと、また続けれたことをまとめてみます。

一人で外食することを辞めた

外食を辞めたのは節約ということの中ではかなり大きかったです。

基本的に平日過ごしていると朝は食べず、昼は弁当で夜は自宅で、というスタイルなのであまり外食はないです。

ただ、昼過ぎに遠方で打ち合わせがあったり、とかするとどうしても外で食べざるを得ないことがあります。

そういった時には今まではラーメンとか、牛丼屋とか、マクドナルドとか行って結局500〜800円ぐらい払ってました。

ですが、節約生活をしだしてからは、そういったのは一切辞めました。

外食の代わりにコンビニでおにぎり2つもしくはパンを2つ買う

じゃあ何を食べるかというとコンビニのおにぎりかパンを買います。

何でもいいんですがおにぎりやパンであれば100円程度であるので、それを2つ食べればある程度はお腹は膨れます。

これを耐えれるかどうかはその人次第ですが、正直な話お昼なんてお腹いっぱい食べても良いことなんてあまりないんですよね。

どちらかというと眠くなったりお腹がいっぱいすぎて集中ができなくなったりするデメリットのほうが大きいと感じています。

服を買うことを辞めた

もう一つの辞めたことは服を買うことです。

服を買うと言ってもユニクロや古着ぐらいですが、今月はそれすらもセーブしました。

そこで1ヶ月服を買わないで過ごしてみて、改めて思ったのは、「服って高い」という事実。

ユニクロでシャツを安く買ってもまあ1,990円ぐらいなもんだと思います。

今まではそれをたいして高いとも思いませんでしたが、食費を200円に抑えている人間からすると超高い買い物だなと。

ユニクロでサラッと買ったただのシャツがお昼10食分相当なわけですよ。

それはもう手が出せないなと思いました。

どうしても欲しいものがあった場合は、まずメルカリをチェック

それでもどうしても必要なものも出てくると思います。

僕も愛用していたウルトラライトダウンが破れて、買おうと思ってサイトを見たら「3,990円」と表記されていて諦めました。

そんな時にはメルカリやヤフオクで探して、安いのがあればそれで対応というのも手です。

1ヶ月節約生活をやってみて

1ヶ月通して思ったことは、食費と衣服費を削れば、簡単に2〜3万ぐらい浮く、ということ。

これは人それぞれだと思いますが、一番自分の金銭感覚が麻痺している部分を見つけ、そこを正す。

そうすることで自然とその他の支出も同じように改善されてきます。

事実僕もいつもならバカスカ買う本への支出も減らしましたし、ガジェット費も抑えています。

「あの時あのご飯を、服を諦めたんだからこれを買ったらいかんだろ」というのが脳裏によぎるとかなりの確立で踏みとどまれます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

節約もダラダラやってても正直出来ないんで、やるときには気合を入れてガッとやってしまったほうが普通の倍程度貯めれるのでオススメです!

 

それでは!

 

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)