好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

共働き夫婦で家計を管理するには家計簿アプリ マネーフォワード一択!その理由と方法

お金管理 17/02/25
TOP > 記事一覧 > ライフハック > お金管理 > 共働き夫婦で家計を管理するには家計簿アプリ マネーフォワード一択!その理由と方法

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

もうiphone3Gsが出た頃からお金管理アプリは色々と使ってきました。

思い返せば小さな頃から貯金箱の中身を定期的に全て出して電卓で計算してニンマリしているような子供でした。

そんな過去があるからこそ家計管理アプリに関しては人一倍シビアな目で見ていたと思います。

そんな僕が最終的に行き着いたのがマネーフォワードです。

 

あらゆるアプリを使い倒して行き着いたマネーフォワード、でも他のアプリでは何ができなかったのか

他のアプリも一長一短ですが、結局下記のところが障害となり、夫婦で使うには難しいという結論になりました。

正直に言うと一人で使うにはまあ別に問題はないんです。

入力はめんどくさいですが。

ただ、共有が難易度が高い

アプリとweb上での連携が出来ない

まずこれが出来ないのがほとんど。

愛用していたactive moneyもアプリ上での管理だけだったので、貯めてきた履歴が他のものに引き継げないがネックでした。

アプリでしか管理が出来ないので夫婦で別々にアプリをインストールする必要がある

active moneyが難しかったので、icomptaやmoneywizを次に使いましたが、これもまたアプリベースの設計なので、mac用にもインストールが必要だし、iphone用にもインストールが必要でした。

ほぼ有料アプリ

上記のactive moneyもicomptaやmoneywizも有料なんですよ。

1つだけのアプリを買うならまだしも、macも夫婦用もインストールとなると、管理アプリだけで数千円が発生してきます。

まあ別にいいんですが、そこまで投資して別のアプリに切り替えるとか無理じゃないですか?

アクティブマネー Pro

(2017.02.25時点)
posted with ポチレバ

iCompta 2

iCompta 2 (120円)
(2017.02.25時点)
posted with ポチレバ

別ユーザーとの共有が出来ない

一番ネックはこれですね。

自分のアプリ内での管理しかできないのがほとんど。

自動認識をしてくれない→クレジットとか銀行の動きを全て入力とか無理ゲー

全て手動で入力する必要があるので、月々の入力は今考えると想像を絶するものがありました。

一人暮らしの時ならそこまで面倒ではないんですが、夫婦となると自分で使ったもの以外の入力も必要になるので、いちいち何に使ったかを確認する必要があるし、マジでめんどくさかったです。

マネーフォワードは全てを解決してくれた

しかしそんなあらゆる悩みに、マネーフォワードは答えてくれています。

基本的に無料でほぼほぼの機能が使える

基本はほぼ無料です。

有料の機能もありますが、下記に述べる機能は全部無料で使えます。

ブラウザ上での管理がベースなので夫婦間での共有が可能

まず他の管理アプリとは違うのが、ブラウザ上で管理するのが基本です。

ログインにはgoogleでも可能ですし、メールアドレスで個別に登録することも可能です。

なので僕らは共有の家計に関してはgmailで共有のアカウントを作り、それでログインして夫婦お互いで管理できるようにしています。

アプリも無料であるのでiphone,android,ipad,タブレットでも全てで同期可能

ブラウザ上でのアクセスや管理は勿論無料で、更に外出先でも入力、管理ができるようにアプリもあり、それも無料でインストールできます。

アプリに関しては全ての機能はないですが、入力機能や残高確認、予算管理など最低限のことはできるようになっています。

 

銀行とクレジットの動きを自動入力

一番驚いたのがこの機能。

銀行やクレジットなどの情報を登録すると、入出金が自動化できるんです。

これには本当に驚きました。

更に項目も学習してくれて、amazonだと「書籍」などという風に前回入力した内容で自動で入力をしてくれます。

これが邪魔な時もありますが、それは見直した時に直せば良い話なので、基本的にはありがたい機能です。

この銀行、クレジットの自動化で家計管理の時間が8割ほど削減できたんじゃないでしょうか。

レシートも撮影すれば自動で入力

これは自分はまだ使ったことがないのですが、レシートも撮影すれば自動で入力をしてくれます。

細かい金額まで分けられそうでめんどくさいので使っていませんが、現金でお金を管理している人もこれはかなりありがたいのではないでしょうか。

予算管理機能で見直しも楽に

更に予算管理機能もあります。

痒いところに手が届くのが、「固定費」と「変動費」を分けて管理できるところ。

固定費は基本的に毎月で変動しないところなので、それとは別に変動費をいかに少なくするかという予算を管理する思考までも補助してくれます。

また「固定費」でいくら、「変動費」でいくら、と設定も可能なので、「自分の家計って固定費が多いんじゃないか?」などというように考えることもできます。

余計なお世話レベルに素晴らしいのが、性別と年齢等を入力すると、自動で「自分に近い属性の人間の支出の例」を出してくれます。

例えば「食費」だと「◯◯円」のように。

これで一人だけで貯金をしているのではなく、みんなでやっているような若干の連帯感が生まれます。

自分はこの予算管理を最近まで使ってなかったのですが、使いだしてみるとかなり「この予算通りに進めよう」という気になるので、今まで1万円も貯めれなかった自分が、いきなり10万円ほど貯金が出来てます。

これって凄いことですよ!

最後に

いかがでしたでしょうか。

夫婦で家計を管理するにはマネーフォワードが最適な理由を挙げてみました。

自動化することに疑問視をするブロガーさんや専門家の方の意見は勿論あります。

その理由は「自分で管理が出来ないので見直すことがなくなる」というのがほとんどです。

僕から言わせればそんなもん管理出来ないんだったら紙でも出来ないし、何を使っても一緒です。

無駄な時間を減らせることには代わりはないので、「夫婦の家計を楽に管理したい」という方は是非一度登録してみてはいかでしょうか。

マネーフォワード公式サイトはこちら

 

それでは!

 

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)