好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

softbankから格安SIM取扱MVNOのフリーテルに乗り換えた理由

ガジェット関連 17/02/12
TOP > 記事一覧 > ライフハック > ガジェット関連 > softbankから格安SIM取扱MVNOのフリーテルに乗り換えた理由

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

2年ほど前にsoftbankから格安SIMを取り扱っているMVNOのフリーテルに乗り換えました。

softbankだった当時は基本7〜8,000円程度料金がかかっていましたが、今では3,000円にもならない時もあり、だいたいが2,500円前後で済んでいます。

今考えるとよくあれだけの金額を払っていたなと思いまし、今も続けていたと思うとゾッとします。

昔ではプランの少なかったフリーテルも通話にもオプションで便利な機能が増えてきて、かなり充実しています。

ということで格安SIMやフリーテルのメリットについて書いてみようと思います。

そもそも格安SIM・MVNOとは?

格安SIM・MVNO業者や安い理由などについてはまずこちらを読んで下さい。

数あるMVNO業者の中でもフリーテルがオススメな理由

MVNO業者の数は増える一方で料金体系もバラバラで、今から契約しようという方には相当複雑なんじゃないかなと思います。

引用:mmd研究所

引用:mmd研究所

楽天モバイル

mineo(マイネオ)

IIJmio

イオンモバイル

UQ-モバイル

Y!モバイル

フリーテル

有名どころだけをピックアップしただけでもこれだけあります。

この中から選ぶとなると比較サイトを見て、自分でも調べて、ということをする必要があるとなると、なかなか頭を抱える方も多いのではないでしょうか。

そんな中、どんな方でもまずはフリーテルにしておけば間違いない!と思う、自分がフリーテルをオススメする理由は、以下の3点です。

  • 使うだけ課金される従量課金プランがあるから
  • 通話料が半額になる「フリーテルでんわ」アプリがある
  • SIM for iphoneというappストアの通信料0円というiphoneへの優遇が凄い

使うだけ課金される従量課金プランがあるから

フリーテルを勧める理由の一番大きなものがこちらです。

使った分だけ請求される仕組みになっているので、使用量に合わせて請求される金額が変動します。

これは使いすぎてしまう人にとってはあまり良くはありませんが、子供に使わせている、等でない限り自分で制限すれば良いのでこれは問題ないでしょう。

使用量の上限を決めているもので問題としては、一々通信制限の解除をするのが面倒、ということです。

また従量課金制でも料金はリーズナブルで、他社の上限有りプランとくらべても対して変わらないのが嬉しいポイントです。

フリーテルの料金ページへ

通話料が半額になる「フリーテルでんわ」アプリがある

通常格安SIM・MVNO業者の通信料は高く設定されています。

20円/30秒というのが普通ですが、フリーテルでんわという専用アプリを使えば、半額の10円/30秒という料金で利用できます。

今まではこういったアプリは「楽天でんわ」というものがあったのでそちらを使っていましたが、請求がフリーテルとは別に楽天から来るので正直見づらかったです。

ただこれからはフリーテルでんわがあるので、一括で請求されて、自分がいくら使っているのかがしっかりと把握できます。

SIM for iphoneというiphoneへの優遇が凄い専用SIMがある

これは自分がフリーテルにしようと思った決め手だったのですが、フリーテルならappストアからのダウンロード時の通信料は0円という破格の優待があります。

 

  • SIMフリー版のiPhone 7とFREETEL SIM for iPhoneを利用すると2年間で¥35,000以上お得!
  • FREETEL SIM for iPhoneならApp Storeの通信費用が無料!
  • さらにLINEやポケモンGOの通信費も無料!
  • SIMフリー版のiPhone7なら海外でも格安SIMがすぐに使える! SIMロック解除の必要なし!
  • FREETELが不要になったiPhoneを 高額買取 させて頂きます!

引用:フリーテル公式サイト

公式サイトにも書かれているように数多くのメリットがiphoneにはありますので、iphoneユーザーならフリーテルが間違いなく一押しです。

iphone7を公式サイトで買った場合でも、au、softbank、docomoの2年縛りより安くなると公言されています。

スクリーンショット 2017-02-12 9.12.46

スクリーンショット 2017-02-12 9.13.02

自分もsoftbankを辞めた時に、iphone6sをappleストアからSIMフリー版を購入しました。

その時には上記のような試算表は出されていませんでしたが、自分で計算した場合、たしかに2年間で35,000円程度には安くなる試算だったのでsimフリーiphone×MVNOという選択にしました。

一番良い点は、2年以上持つと、それ以上はどんどん使用量は安くなるということです。

本体分はタダになるので、使えば使うほど通信料のみの負担なので、実質相当安くなると思います。

それを見越して発売すぐのiphoneを高額ででも購入して、それを4年ぐらい使ってやろうという計算でした。

今は実際にiphoneも傷1つなく運用できているので、計算通りです。

最後に

もうこれからは3大キャリアは必要なく、格安SIM・MVNOで十分です。

実際に自分も今はiphoneを2〜3,000円程度で使えています。

月々の請求が苦しい方は、是非ご検討ください!

 

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)