好きなモノだけに囲まれて生きるライフハック

【iphone→android】iphone 8 Plusを買うのを辞めて最終的にHuawei P10 Plusにしました

ガジェット関連 17/10/01
TOP > 記事一覧 > ライフハック > ガジェット関連 > 【iphone→android】iphone 8 Plusを買うのを辞めて最終的にHuawei P10 Plusにしました

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

iphoneからandroidに乗り換えて2週間が経つ頃ですので、ちょっと雑感も合わせてレビューしてみたいと思います。

なぜiphoneを辞めたのか

簡単に言うと、もうiphoneに魅力を感じなくなってしまったからです。

iphone8が出るまでは、「どんな機能が付いているんだろう」「8なのかx(テン)なのか」という色んな憶測があり、結構興奮していました。

ですが、iphone8とx(テン)が発表されて、その予想以上に機能として付加価値が付けられていないことのショックが大きかったです。

8はそこまで変わらないのは予想は出来たとして、xに関してが一番キツかった。

曲面になったところで何も便利にはなりませんし(galaxyで実感済み)、画面が広くなったのは良いとして、そんなのは大したアップデートでもなし。

一番の打撃はただひたすらに高いということ

  • iphone8 plus の最低価格は89,800円
  • iphone Xの最低価格は112,800円

iphone6sを一括で買った頃は「これだけいいものを買ったんだから、2年と言わず、3年4年は使ってみせる!」と意気込んで買った記憶があります。

その思惑は半分正解で半分間違いでした。

スマホとしての機能についてはもう不満は全くありませんが、「いい写真を気軽にスマホで撮りたい」という別の欲求が出てきたのです。

となった時に、新しいiphoneって僕にとって必要なのかなと。

良いカメラが搭載されたスマホがあれば良い、という状況になった時、iphoneってただの割高なスマホなんですよね。

それって僕に必要?という思いがムクムクと湧いてきて、最終的にHuawei P10 Plusを買うはこびとなりました。

なぜ Huawei P10 Plusにしたのか?

現時点で一番カメラの性能が良いスマホだったからです。

ただその1点です。

色々と調べてみると、デュアルレンズのカメラであればある程度ボケ感も出せて、2倍のズームも画質を落とさずに対応が出来るのがわかりました。

それが可能なのは現時点で下記の機種に絞られます。

  • iphone x
  • iphone 8 plus
  • iphone 7 plus
  • huawei mate10
  • huawei mate9
  • huawei p10 plus
  • huawei p10
  • huawei p9 Plus
  • huawei p9

ただ自分のポリシーとしては「現時点である程度新しいものを買っておく方が、後々まで持つ」というのがあるので、Huawei p10 Plusが最終候補に残りました。

カメラのスペックだけで見ると、iphone 8 plusやXにも遜色ないレベルだったので、「もういいかな」と思ってamazonで買いました。

実際にandroidを触った感覚としては?

実際に使って2週間になりますが、そこまで苦労はありませんでした。

一番のネックはitunesはどこまで使い物になるんだろう?という思いがありましたが、apple musicというアプリがあったので、それを使えば全然問題ありませんでした。(ただダウンロードなどで時々止まったするのが玉にキズ)

文字入力もgoogle日本語入力を入れれば変換もおかしいことにもならず、あまりしんどくはありません。

アプリもそこそこあるので、新鮮な気持ちで1つ1つダウンロードして使っています。

iphoneの上までスクロールは神

乗り換えて一番キツかったのは、スマホの上部をタップすると、上までスクロールしてくれる機能がiphoneではデフォルトでついていたのですが、androidではそれが出来ないということです。

正直衝撃的で、これがないだけで相当不便だなと気付かされました。

ただ一番しんどいのはこれだけで、他は特に問題ありません。

appleの信者であればiphoneは買うべき、ただそうでもなければ再検討の余地あり

僕はappleの信者でも原理主義者でもありません。

今まではwindowsを使っていて、macの機動力の速さに感動してmacに乗り換えました。

macは今でも使っていて、大したアップデートが無くてもこれはずっとmacを使い続けるでしょう。

それほどappleのパソコンは優れています。

ただ、スマホに関してはiphoneでなくともできること、遜色ないことが増え続けていて、iphone Xを見た時に「ああ、これ以上スマホは進化しないんだな」というのを感じてしまい、一旦androidに乗り換えました。

自分の中の「iphoneでないといけない、出来ない」というものがほぼなくなってしまったからというのが乗り換えの理由です。

なのでいつかまた「やっぱりこっちが使いやすい!」と思ってiphoneを使うことになるかもしれませんが、まずはandroidでどこまで何が出来るのかをやってみたいと思います。

ちなみに写真は最高です。

本当にこれだと一眼レフいらずレベルで使えています。

人物写真はこんな感じでボケが付けれます

人物写真はこんな感じでボケが付けれます

奥に焦点を合わせようとすると、手前をぼかすことも出来ます

奥に焦点を合わせようとすると、手前をぼかすことも出来ます

とにかく写真がきれい。

本当に技術上がったんかなと思うほど、きれいに撮れるようになりました。

後は写真を撮る回数と構図などを学んでいきたいと思います!

最後に

ご参考になりましたでしょうか。

iphone 8とXの発表を見て、心躍らなかった方は、androidを一度検討してみるのもありだと思います。

カメラだけに限らず、SIMフリーのスマホで一番コスパが高いのはHuaweiだというのは断言出来ます。

今買うなら、Huawei P10かP10 plusですかね。

もう少しすればmate10が出るはずなので、それにするのもありだと思います。

 

それでは!

 

人気記事プロジェクト管理ツールwrikeを1ヶ月試してみた結果、最高のツールであることが判明

人気記事本や漫画を電子化・自炊して本棚をスッキリ!2日間で100冊を自炊した方法と手順を公開

人気記事ipad proとapple pencilを使って完全ペーパーレス化に成功したやり方とアプリを紹介

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)