今の生活に新しい気づきを届けるメディア

問い合わせが増えることは生産性の観点から良いこと?セルフスクリーニングについて考えてみた

17/07/17 ( 17/07/17 Edited)

約3分で読めます

書評&映画

AD

よくありますよね、会社への問い合わせが増えて喜んでいる人。

僕もその一人でした。

でも伊賀さんの「生産性」を読んで、「それってちょっとおかしくないか?」と思ってしまいました。

問い合わせが増えたら売上は上がるのか?

自分の会社はサイト制作をしているところなので、「問い合わせ→見積もり出し→受注→制作→納品→売上」という一連の流れによって売上が発生します。

なので、問い合わせが増えるということは、それだけで単純に売上に直結するようなものなので、社内としても喜んでいました。

ただ、どうしたことか、最近は問い合わせが増えれど増えれど売上自体はそこまで変わらないんですね。

色々と考えてみたら理由は問い合わせの後にありました。

見積もりを出して、その後はどれだけ失注している?

問い合わせが増えたは良いですが、その後の失注率がかなり上がっているですね。

計算はしていないというNGな状態なんですが、感覚値としては40%は受注していたものが、今では15%前後に。

「まあ考慮に入れていつかはまた問い合わせてくるだろう」と思っていましたがそうもならず。

ただただ見積もりを出すだけの日々に明け暮れていました。

そんな時に伊賀さんの生産性の本を読んだので、「これはやばいパターンだな」と。

伊賀さんの生産性の物凄く高い採用指標の話から考えること

こちらの本で印象的な部分があったのですが、「採用において最も生産性の高い状況とは何か?」という問い。

あなたならなんと答えますか?

 

答えは、

企業にとって最も生産性の高い状況とは、「最終的に入社する10人だけが応募してくる」こと

ということでした。

これを読んで今ある状況ってちょっと生産性の観点で言うとあまりよろしくないなと思ってしまいました。

すべきことはセルフスクリーニング

じゃあ最終的に受注する10社だけが問い合わせをしてくる状況にするにはどうするかというと、ミスマッチを減らすということが挙げられます。

つまり、門戸を広げまくる手法でなく、

  • 「ウチの料金体系はこうだから」と料金表を載せる
  • 制作実績に何でもかんでも載せるのではなく、クオリティの高いものだけを載せる
  • 高級なものであるということが分かるようにデザインを変える
  • 「どこでも良いからサイトを作って欲しい」という人は諦めるようなページを設ける

というようなことが少なくとも必要だと感じました。

採用サイトやパンフレットの作成にあたって、「いかに多くの学生を惹き付けるか」ではなく、「いかに自社が欲しい学生だけを惹き付けるか」という視点を入れる必要があります

と述べているように、こちらから選定する「スクリーニング」だけではなく、顧客側からも「ここは違うな」と思わせるような「セルフスクリーニング」ということが必要だということです。

最後に

会社や組織の第一フェーズとしては、まずは認知させることが大切です。

しかし、一度認知してもらったら、その後は目的の人だけ、確立の高い人だけが問い合わせてくるような仕組みが必要です。

時間が無い時間が無いと言いながら、あなたがやっていることはもしかしたらかなり生産性の低い仕事かもしれません。

恐ろしい話ですが、そうならないように改善していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

AD
TOP > 記事一覧 > 考えごと > 書評&映画 > 問い合わせが増えることは生産性の観点から良いこと?セルフスクリーニングについて考えてみた

Related Articles

関連記事はこちらです。

「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」を読んで、思ったこと

仕事、溜まっていませんか? 納期、大丈夫ですか? 案件、炎上していませんか?   おはようございます […]

17/05/04

隠居系男子的。を読んで思った、「敢えて見せない」というバランス

「隠居系男子的。〜灯台もと暮らし運営会社Wasei代表の鳥井弘文が初めて語る自分のこと〜」を読んで、とてもブロ […]

16/06/07

ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」を読んでみた。内容は薄いけど伝えたいことは明確だった!

最近ちきりんさんのブログを余り読んでいなくて、遠ざかっていたのですが、twitterでたまたまタイムラインにこ […]

16/12/04

マンガでわかるアフィリエイトを一時間で読んでみて、業界の良さも怖さもだいたいわかった

マンガでわかるアフィリエイトを読みました。 「ノウハウがない」という評価が多いらしい著者の本ですが、アフィリエ […]

16/08/14

オーディオブックは僕の「隙間時間」を「生産的な時間」に変えてくれた

最近オーディオブックというものを知って、色々調べてみて、とりあえず試してみたんだけど、予想以上にスグレモノな予 […]

16/05/14

レバレッジ時間術を読んで 時間もお金と同じように投資対象として考える

レバレッジ時間術を読みました。 なぜこの本を読んだかというと、最近の仕事の忙しさと、平日何もできない状況に嫌気 […]

16/06/21

最近のTVの中で群を抜いてクレイジージャーニーが面白いので出演者をまとめてみた

最近見まくってます。 普段は晩御飯を食べる時はだいたい何かのテレビを見てることが多いんですが、最近はほとんどク […]

17/07/17

まんがでわかるD・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」を読んで

会社で配られたので、読んでみました。 一度本を読んだことがあるのですが、やはりマンガはわかりやすいです。 備忘 […]

16/08/11

アートとデザインの苦悩・葛藤を描いた左ききのエレンが面白すぎる!ウェブ漫画はここまで進化した

ひっさびさに眠れないほど面白い漫画を見つけました。気づいたら4時でした。こんなに面白い漫画は久しぶりです。 熱 […]

17/09/03

量より質を。目標とすべきはGDPでも一人当たりGDPでもなく、労働生産性だった

伊賀さんの生産性の本を読んで本当に色んなことを考えさせられました。 特に気になったのは、「僕らが生み出している […]

17/07/17

Popular Articles

よく読まれている記事です。