今の生活に新しい気づきを届けるメディア

リピーターを増やす方法を、美容室を浮気しまくる僕が考えてみた

17/01/21 ( 17/01/21 Edited)

約6分で読めます

考えごと

AD

美容室の行きつけを作りたいと思い続けてもう数年が経ち、一向にリピートし続けたいというお店が見つかりませんでしたが、ようやく良いと思える店に出会えました。

今までも何度もそう思って3、4回と通う内に段々とやっぱり嫌になってきて遠のく、ということの繰り返しでした。

まあ今回ももしかしたらそうなるかもしれませんが、今のところは良いなという点がいくつかあったので、一番の候補です。

んで帰って自分がなんで浮気しまくってるんだろうと色々考えて見てたら、逆説的にリピーターを増やす方法が見えたので、ちょっと紹介してみます。

「こんなん当たり前だ!」と思われる美容室の方はもちろんおられると思います。

そういった時は是非コメントをお願いします!

1.客に対して「あなただけに特別のサービスです」というメッセージを伝える

rose-flower-on-towels-in-spa

以下の3番目と若干被る部分がありますが、例えば眉毛を剃ってもらうのって普通は500円なりお金がいるところが多いと思うんですよね。

でもそれを普通に500円頂きます、と頂いてしまうとそれはそれで終わってしまうのですが、それよりも「今回はサービスで良いっすよ」ぐらいの感じで言ってもらえると、なんか「自分だけ特別感」が出て、「また来ようかな」につながりやすいんじゃないかなと思います。

勿論毎回サービスしろとは言いませんし、値下げをしろと言っているわけではないです。

「そんなに全部をサービスしてたら儲からん!」ということも勿論あるとは思うんですが、そこはもう無駄なサービスはなくしちゃっていいと思うんですよね。

無駄なサービスはなくしてしまっても良い?

例えば変哲のない飲み物をサービスで出すよりは、飲み物は出さずに上記のようなサービスをするほうが良いかもしれませんし、先日行った美容院は「客がいない時はタバコ吸ってOK」というサービスがありました。

これもまた自分だけではないけれど、特別感を感じれる1つでした。

「客がいない時にだけ」、「喫煙者の自分にだけ」という状況下のサービスなので、全員に飲み物を、というよりも特別感を感じれました。

まあ本当になんでも良いと思うんですが、「何か自分はもてなされているな」、と思わせるのって大事だなと思いました。

元々は飲み物のサービスも最初はなかったと思いますが、今ではだいたいの店に取り入れられています。

ですが最初はそれはあたなだけの特別感としてのサービスだったと思います。

それが今では当たり前になってしまっているので、そうなってはあまり意味をなさないんだろうなと思いました。

2.ポイントカードがあれば2回目の方は10%割引などと、次に来る時のお得感を示す

これはそのままですね。

単純にリピートするメリットが欲しいというところです。

新規では60%値引きするが次回からは正規の値段、ということであればあまり次から行こうと思いませんよね。

3.バリカンのみして欲しい、前髪だけ切って欲しいという客に対してのメニューを用意

haircut-barber-salon-barber-shop-hair-scissors

僕は2ブロックの髪型をよくお願いするのですが、その時に気になるのが1ヶ月もするとモサモサになってくるということです。

普段は2ヶ月に1度ぐらいしか美容室に行かないので、2ヶ月立つともう普通に生えてしまっています。

なのでいつも切ってもらう時には「バリカンだけって次回できますか?」ということを聞きます。

ここで1,000円でできるとかワンコインでOKとか、半額で、とかとなるとありがたいんですが、たまに「それはできません」というお店もあります。

となると融通がきかないんだなということで足が遠のきがちになります。

先日行った美容室は「前髪カット、バリカンのみなら平日は無料でOK、土日は500円頂きます」という凄い気前の良い店だったので、「またお願いしたいな〜」となりました。

やっぱりそんなに手間のかからない作業はある程度客寄せというか、マクドでいうハンバーガーぐらいの感覚のメニューとして利用してもらって、メインのカットやパーマをしてもらうためにいかにリピートしてもらうかの戦略として使うのが良いんだろうなーと思いました。

4.客のテンションに合わせてトークを意識する

human-children-girl-talk-entertainment-road-away

これも慣れというか技術がいるとは思うんですが、僕は正直美容室に行くのはまあまあ億劫です。

理由は話すのがめんどくさいから。

これは何度も通っている人だとそうでもないかもしれませんが、初めての店となるとなかなかめんどくさいです。

職業の話や普段何しているかとか諸々話すわけですよ。

2時間も一緒にいるわけなので。

となるといかにその時間が苦痛なく過ごせるかが大切になってくるんですよね。

程よいテンションで自然に話してくれるか、もしくは全く話さずにほっといてくれるかが一番ありがたいのですが、テンション高めに自分のことをひたすら喋り続けるお店は正直しんどいです。

なんで金払って気を使わないといけないんだという感覚になってくるので、そこは気を使って欲しいです。

もちろんめっちゃ喋ってくれる人が良い!という人もいますし、人それぞれだとは思うのですが、やっぱり見極めて人それぞれに合わせてほしいと思っちゃうわけです。

5.紹介割引や口コミでの割引などwin-winの割引を充実させる

man-with-can-and-drinking-straw

これもそのままですね。

何か店にとって有益なアクションを客に起こさせるには客にもメリットを提示すべき、ということです。

ほっといてもなかなか口コミは増えないので、何か直接的なメリットがあれば客は喜んでそれをします。

すると自然に店の良い噂が広がるので、これは費用をかけてでもやっていくべきだろうなと思いました。

最後に

いかがでしたでしょうか。

正直なところ初回割引は50%も60%も70%もそこまでしなくて良いと思うんですね。

12,000円かかるところを7,000とか8,000円でも全然高いと思いませんし、そこの新規の顧客はそこまで値段を下げて取りに行くよりは、来た新規客をいかにリピートに持ち込むかが大切なんだろうなと思いました。

僕のように浮気しまくってる行きつけがないような客も、実は行きつけを作りたいと思っている人が大半だと思います。

だけど美容室が多すぎて、「まあまだ1つに絞らなくても良いや」となっているんですね。

なんでリピーターになる素質はあるので、そういう人達を何か自社ならではの魅力でつなぎとめるのが必要になるんだろうなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

AD
TOP > 記事一覧 > 考えごと > リピーターを増やす方法を、美容室を浮気しまくる僕が考えてみた

Related Articles

関連記事はこちらです。

台湾は中国の一部では無いらしい。台湾人のチャーリーさんと会って初めて知ったこと【歴史・労働観】

ヒッチハイクをしていると色んな人に出会います。 今日は中国語を留学で学んだゆうとさん(仮)とチャーリーさん(仮 […]

17/04/13

未経験からwebデザイナーになって1年間でやってきたこと

全くの未経験からweb制作会社に入社したのが去年の今頃で、来月の4月でちょうど一年が経ちます。 この一年ほとん […]

16/03/23

マーケティングオートメーションを導入した結果、営業が半数以上いらなくなった

これはとある会社の話なんですけども、これからは対機械、対AIを考えていく必要があるなと肌で感じた話です。 人間 […]

17/02/27

webメディアとワークショップの類似性について

僕達は今、古民家を活用して何かできないかと模索している。 そこで何かピザ窯を作るワークショップだとか、何かそう […]

16/04/24

働くということは暇つぶし

先日、前職の同僚と一緒に飲んでいた時に話題に上った話。 「働くこと」の意味について。 20代、30代の僕ら、い […]

15/12/19

企画・コンセプトを研ぎ澄ますことの大切さ

今日とある住宅イベントに関わらせて頂いていまして、そこで立ち寄る機会があったんで、行ってみたんですね。 そこで […]

17/12/03

自分の適正年収を診断してもらったら700万円を超えていた件

自分の年収って実際どれくらいなんだろうと思ったことはありませんか? それがわかるサービスを見つけて、10分程度 […]

17/04/22

現状維持を決め込む人たちと効率化【自分の苛立ちを通して】

最近帰りがとても遅い日が続きました。 そして帰っても仕事をしていました。 そんな状況でブログ何もありませんでし […]

17/04/06

普段と違う環境へ常に身を置くからこそ、習慣化が大切になる

こんにちは、NOB(@nob8907)です。 「旅に出る」ということもそうですが、環境が変わるとどうしても今ま […]

18/10/27

第3のガラガラポン革命について思うこと。移動の重要性

「第3のガラガラポン革命」の序章。カギは「移動」と「下克上」を読んで 読んだのはこちらの記事。 「第3のガラガ […]

16/08/06

Popular Articles

よく読まれている記事です。